小規模宅地等の特例のくわしい説明 / 不動産と相続の税金相談.com│渡邉優税理士事務所

不動産と相続の税金相談.com│渡邉優税理士事務所 > 不動産相続 > 小規模宅地等の特例のくわしい説明

小規模宅地等の特例のくわしい説明

■小規模宅地等の特例の制度
相続又は遺贈によって取得した財産のうち、
・被相続人の事業のために使われていた宅地等
・住居として使われていた宅地等
について、課税価額を軽減するという制度です。

 

■特例が適用されるための要件
この特例が適用されるための要件は
①相続や遺贈によって取得した宅地等(土地だけでなく土地上の権利も含む)であること。贈与によって取得した宅地は含まれません。
②その宅地等が被相続人や、被相続人と生計を一にしていた親族の事業のため、または居住のために利用されていたもので、建物や構築物の敷地であること

 

■具体的な減額割合
〇グループ1:80%減額
・特定事業用宅地等である小規模宅地等(400㎡以下である必要がある)
 後述の貸付事業を除く事業のために使用されていた宅地をいいます。
 次の要件のいずれかを満たす被相続人の親族が、相続又は遺贈によってその宅地を取得すれば、特例の適用を受けることができます。
(要件1)相続税の申告期限までに、その宅地上で行われていた被相続人の事業を引き継ぎ、申告期限まで引き続きその宅地等を所有して事業を営むこと
(要件2)その親族が被相続人と生計を一にしていた者であって、相続開始から相続税の申告期限まで引き続き宅地等を所有し、かつ、相続開始前から申告期限まで引き続きその宅地等で自己の事業を行っていること
・特定居住用宅地等である小規模宅地等(330㎡以下である必要がある)
 これについても、次の要件のいずれかを満たす必要があります。
(要件1)その親族が、相続開始の直前にその宅地上に存在する被相続人の住居として使われていた建物に居住していた者であって、相続開始から相続税の申告期限まで引き続きその宅地等を所有し、かつ、その建物に居住していること
(要件2)次の3要件すべてを満たすこと
・相続開始前3年以内に日本国内にいる親族等が所有する家屋に居住したことがない
    ・相続開始時に、その親族が居住している家屋を相続開始前のいずれの時においても所有したことがないこと
    ・相続開始時から相続税の申告期限まで引き続きその宅地等を所有していること
(要件3)その親族が、被相続人と生計を一にしていた者であって、相続開始の時から申告期限まで引き続きその宅地等を所有し、かつ、相続開始前から相続税の申告期限まで引き続きその宅地等を住むために使用していること
・特定同族会社事業用宅地等である小規模宅地(400㎡以下である必要がある)
特例の適用を受けるためには次の要件のすべてを満たす必要があります
(要件1)被相続人やその親族等が有する株式の総数・出資の総額が、その株式・出資に係る法人の発行済み株式の総数・出資の総額の5/10を超える法人の事業のために用いられていた宅地等であること
(要件2)相続又は遺贈を受けた親族の中に、その法人の役員がいること
(要件3)相続開始の時から相続税の申告期限まで引き続きその宅地等を所有し、かつ申告期限まで引き続きその法人の事業のために使われていること
〇グループ2:50%
・貸付事業用宅地等である小規模宅地等
被相続人が、不動産貸付業や駐車場業等のために使用していた宅地のことをいいます。
次の要件のいずれかを満たす被相続人の親族が、相続又は遺贈によってその宅地を取得すれば、特例の適用を受けることができます。
(要件1)相続開始の時から申告期限までの間にその宅地等に係る被相続人の貸付事業を引き継ぎ、申告期限まで引き続きその宅地等を所有し、かつ、その貸付事業のために使用していること
(要件2)その親族が被相続人と生計を一にしていた者であって、相続開始の時から相続税の申告期限まで引き続きその宅地等を所有し、かつ、相続開始前から申告期限まで引き続きその宅地等を自己の貸付事業のために使用していること
この場合、
特定事業用宅地の面積の合計×200/400と、
特定居住用宅地の面積の合計×200/330と、
貸付事業用宅地の面積の合計
の三つの合計が200㎡以下である必要があります。

 

渡邉優税理士事務所は、相続税についても取り扱っております。千代田区、港区、文京区、中央区を中心に、東京、神奈川、千葉、埼玉にお住いの皆様からのご相談を承っております。相続税についてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

渡邉優税理士事務所が提供する基礎知識

  • 配偶者居住権を利用し...

    配偶者居住権を活用することによって、相続税の節税をすることができるようになりました。特に配偶者居住権を利用して...

  • 贈与税の特例制度の利...

    生前贈与については、贈与税に関して、相続時精算課税制度というものがあります。これは、生前贈与を容易にして、次世...

  • 家族信託という選択肢

    信託とは、委託者が、一定の目的をもって受託者に財産の管理や処分を委ねることをいいます。そして、特に、この信託を...

  • 相続税申告の全体の流...

    相続税の申告は、納税者が相続税法の定めに従って納税申告書を提出することをいい(相続税法27条)、納付すべき税額...

  • 配偶者居住権とは

    配偶者居住権は、平成30年7月13日公布の、相続法改正により創設されたものです。改正の理由は、高齢化の進展など...

  • 相続登記の期限

    相続登記に期限はありません(2019年8月時点)。登記には、土地の権利を見ず知らずの第三者にも主張できる効果や...

  • 小規模宅地等の特例の...

    ■小規模宅地等の特例の制度相続又は遺贈によって取得した財産のうち、・被相続人の事業のために使われていた宅地等・...

  • 不動産売却におけるワ...

    不動産の売却を行う際には税理士や司法書士、不動産鑑定士といった専門家による支援を受けることが一般的です。不動産...

  • 相続税の節税方法

    相続税の節税方法は多くの方法がありますが、主に次のような節税方法があげられます。「配偶者居住権」、「空地の土地...

  • 不動産売却の確定申告...

    不動産売却を行った場合購入にかかった費用などの取得費用を売却時の譲渡額が上回った場合それは利益として扱われます...

よく検索されるキーワード

税理士紹介

まずは、あなたのを聴かせてください。

代表税理士 渡邉 優
代表税理士
渡邉 優(わたなべ ゆう)
事務所紹介

ホームページをご覧いただき有り難うございます。

当事務所は2015年7月に開業した税理士事務所です。開業当初より不動産事業者での経験を活かし、多くの不動産や相続に関わる税務支援をさせて頂いております。

お客様ひとりひとりのお困りごとに丁寧に耳を傾け、何を大切に思い、何を不安に感じているのかを理解することに心がけております。

弁護士・司法書士・不動産鑑定士とも提携しておりますので、税務のご相談に限らずワンストップで対応させて頂きます。
相続法改正による配偶者居住権・遺留分制度の活かし方についても適切なアドバイスをさせて頂きます。

出張相談等も行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

略歴
  • 1981年生まれ 愛知県出身
  • 慶應義塾大学理工学部卒業後、不動産会社に就職
  • 5年の実務を経て、税理士業界へ転身
  • 2014年 税理士試験合格
  • 2015年 税理士登録・渡邉優税理士事務所開業

事務所概要

名称 渡邉優税理士事務所
代表者名 渡邉 優(わたなべ ゆう)
所在地 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-11 HK平河町2F
アクセス 東京メトロ 有楽町線/半蔵門線/南北線「永田町駅」4番出口 徒歩4分
電話番号/FAX番号 TEL:03-5357-1539 FAX:03-6369-3448
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。
  • 事務所内の様子
  • 事務所内の様子

ページトップへ