生前贈与 非課税 / 不動産と相続の税金相談.com│渡邉優税理士事務所

不動産と相続の税金相談.com│渡邉優税理士事務所 > 相続税申告に関するキーワード > 生前贈与 非課税

生前贈与 非課税

  • 相続・生前対策におけるワンストップサービス

    例えば多くみられるパターンが不動産の生前贈与です。生前贈与は様々な非課税制度が存在しています。税理士がこうした各種制度を把握しているため最も節税になる方法を調査しご提案いたします。これに基づいて司法書士が所有権移転登記などを行い移転を完了させます。 渡邉優税理士事務所では千代田区、港区、文京区、中央区を中心に東京...

  • 不動産相続で必要な手続きと費用

    なお、不動産の所有権移転登記には登録免許税というものがかかりますが、これを相続で行う場合と生前贈与で行う場合では税率が大きく変わってきますので注意が必要です。相続を考えたときにどの道が最善の策であるのかお悩みになった際は、是非専門家を頼ってみてください。 渡邉優税理士事務所は千代田区、港区、文京区、中央区などを中...

  • 生前贈与と贈与税

    生前贈与をした場合には、生前贈与により移転した財産は相続財産とはいうことはできないため、相続税の対象とはなりません。もっとも、生前贈与により容易に相続税を回避することができるとするのは妥当ではないという歴史的ないしは沿革的な理由から、贈与税というものが作られました。したがって、生前贈与は、贈与税の対象になります。...

  • 不動産や株式を贈与するには?

    しかし、税金対策という観点では、生前贈与すべきか、相続すべきかという問題があります。不動産も株式も、価値が上下するものであるため、どの時点で財産を移転させるかにより、税額も異なるため、いつ、どのようにして財産を移転させるかには注意が必要です。例えば、不動産や株式の価値が上昇傾向にあるならば、出来るだけ早めに贈与す...

  • 贈与税の特例制度の利用する

    生前贈与については、贈与税に関して、相続時精算課税制度というものがあります。これは、生前贈与を容易にして、次世代への資産の移転を促進するために創設された制度であり、生前贈与について、受贈者の選択により、通常の贈与税制度に代えて、贈与時に贈与財産に低い税率で贈与税を課しておき、その後の相続時にその贈与財産と相続財産...

  • 相続税申告の対象になる財産とならない財産とは

    もっとも、公益を目的とする事業を行う者が取得した財産で、当該公益を目的とする事業の用に供することが確実なもの、その他一定の財産は、何らかの公益的ないしは社会政策的理由から、非課税財産として相続税の課税対象から除外されています(相続税法12条)。また、法律的には相続または遺贈によって取得した財産とはいえないものでも...

  • 遺留分・遺留分侵害請求権の分かりやすい解説

    +(亡くなる10年前以内にした相続人に対する生前贈与の額)+(亡くなる1年前以内にした第三者に対する生前贈与の額)-(被相続人が負っていた債務の額)という計算式で算出します(1043条1項、1044条1~3項)。・遺留分割合これは、原則1/2になります(1042条1項2号)。直系尊属のみが相続人の場合には、1/3...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    非課税枠が利用できなくなる 「相続人」が、生命保険金や退職手当等を受け取った場合には、相続により取得したものとみなされます(相続税法3条)。そのため、これらには相続税が課されます。この場合に、法定相続人1人当たり500万円までは非課税となります(同法12条1項5、6号)。しかし、相続を放棄すると、「初めから相続...

  • 相続税の節税方法

    「配偶者居住権」、「空地の土地活用」、「生前贈与」がよく活用される節税方法です。 ■配偶者居住権2020年4月に施行された配偶者居住権ですが、この居住権は主に不動産が絡む相続で配偶者へ金銭などの資産を相続しにくかった、二次相続での納税額が大きくなるといったお悩みが解決する権利になります。配偶者居住権は配偶者が不動...

渡邉優税理士事務所が提供する基礎知識

  • 不動産売却の確定申告...

    不動産売却を行った場合購入にかかった費用などの取得費用を売却時の譲渡額が上回った場合それは利益として扱われます...

  • 遺言書

    相続分については、被相続人の意思を尊重するという観点から、原則として、被相続人の意思によることとされており、こ...

  • 配偶者居住権を利用し...

    配偶者居住権を活用することによって、相続税の節税をすることができるようになりました。特に配偶者居住権を利用して...

  • 不動産を相続した時の...

    相続税対策において、不動産を利用した節税方法には複数の選択肢があります。 ①配偶者へ居住用の住居を贈...

  • 相続登記の期限

    相続登記に期限はありません(2019年8月時点)。登記には、土地の権利を見ず知らずの第三者にも主張できる効果や...

  • 遺留分・遺留分侵害請...

    ■遺留分の意義被相続人は、生前と同様、亡くなった後であっても、遺言によって財産を自由に処分することができます。...

  • 文京区の不動産相続は...

    不動産を相続する場合には、不動産はかなり評価額が高価なものになりますので、その分、相続税も高く課税される場合が...

  • 生前贈与と贈与税

    生前贈与をした場合には、生前贈与により移転した財産は相続財産とはいうことはできないため、相続税の対象とはなりま...

  • 配偶者居住権とは

    配偶者居住権は、平成30年7月13日公布の、相続法改正により創設されたものです。改正の理由は、高齢化の進展など...

  • 家族信託という選択肢

    信託とは、委託者が、一定の目的をもって受託者に財産の管理や処分を委ねることをいいます。そして、特に、この信託を...

よく検索されるキーワード

税理士紹介

まずは、あなたのを聴かせてください。

代表税理士 渡邉 優
代表税理士
渡邉 優(わたなべ ゆう)
事務所紹介

ホームページをご覧いただき有り難うございます。

当事務所は2015年7月に開業した税理士事務所です。開業当初より不動産事業者での経験を活かし、多くの不動産や相続に関わる税務支援をさせて頂いております。

お客様ひとりひとりのお困りごとに丁寧に耳を傾け、何を大切に思い、何を不安に感じているのかを理解することに心がけております。

弁護士・司法書士・不動産鑑定士とも提携しておりますので、税務のご相談に限らずワンストップで対応させて頂きます。
相続法改正による配偶者居住権・遺留分制度の活かし方についても適切なアドバイスをさせて頂きます。

出張相談等も行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

略歴
  • 1981年生まれ 愛知県出身
  • 慶應義塾大学理工学部卒業後、不動産会社に就職
  • 5年の実務を経て、税理士業界へ転身
  • 2014年 税理士試験合格
  • 2015年 税理士登録・渡邉優税理士事務所開業

事務所概要

名称 渡邉優税理士事務所
代表者名 渡邉 優(わたなべ ゆう)
所在地 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-11 HK平河町2F
アクセス 東京メトロ 有楽町線/半蔵門線/南北線「永田町駅」4番出口 徒歩4分
電話番号/FAX番号 TEL:03-5357-1539 FAX:03-6369-3448
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。
  • 事務所内の様子
  • 事務所内の様子

ページトップへ