建物 評価額 / 不動産と相続の税金相談.com│渡邉優税理士事務所

不動産と相続の税金相談.com│渡邉優税理士事務所 > 不動産相続に関するキーワード > 建物 評価額

建物 評価額

  • 不動産を相続した時にかかる相続税の計算方法

    不動産を相続した際にかかる税額を計算するには、まず第一に不動産の評価額を算出する必要があります。 土地の評価額は、路線価方式または倍率方式を用いて算出された額のおおよそ8割程度が評価額となるケースが多いです。どちらが用いられるかは、その土地が路線価が定められているか否かで変わってきます。路線価とは国税庁が土地の相...

  • 不動産を相続した時の節税対策とは

    相続税対策の一環でアパートやマンションを建てることがありますが、これは土地を「貸家建付地」にすることで、土地の評価額を下げるための方法です。一般的に、土地のうえにアパートやマンションがあると、土地の所有者は土地を自由に扱えないことから、土地の評価額は下がります。この相続税対策では、そのような評価額の引き下げを利用...

  • 配偶者居住権とは

    配偶者居住権とは、配偶者が相続開始の時に居住していた被相続人の財産に属した建物について、配偶者の居住権を保護するため、原則として終身、配偶者がその建物を無償で使用できる法定の権利です。改正前でも,配偶者は居住建物の所有権を遺産分割等により取得することで住み続けることが可能でした。しかし,一般的に,住居の評価額は高...

  • 文京区の不動産相続は渡邉優税理士事務所へ

    不動産を相続する場合には、不動産はかなり評価額が高価なものになりますので、その分、相続税も高く課税される場合が多くあります。しかし、不動産を上手に活用することによって、相続税の節税を行うことが可能になります。 不動産を活用した相続税の節税対策として利用できるのが、「配偶者居住権」や「空地の土地活用」が主に上げられ...

  • 相続税の節税方法

    配偶者居住権は配偶者が不動産を相続するのではなく、「不動産に住む権利」を相続することによって、不動産の相続評価額を抑えることができたりします。 ■空地の土地活用空地を所有している場合には、その空地に建物を建てたり、その建物を第三者へ貸し出したりすることによって、相続税の評価額を抑えることが可能になります。 ■生前...

  • 不動産を売却した時にかかる税金とは

    ここでの経費とは建物の取り壊し費用や不動産会社の仲介手数料、測量にかかった費用などが挙げられます。取得費用に関しては減価償却なども考慮する必要があるので注意が必要です。 譲渡所得にかかる税率は不動産の所有年数によっても異なります。5年以上の所有であれば所得税と住民税の合計で20%が課せられます。5年未満の場合には...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    被相続人に関する思い入れのある土地建物等についても相続する機会を失ってしまいます。・一度放棄すると撤回できない相続放棄は、撤回が許されていません(919条1項)。一定の場合には、取り消すことも可能(2項)ですが、取り消すことのできる期間に制限があります(3項)。・非課税枠が利用できなくなる 「相続人」が、生命保険...

  • 小規模宅地等の特例のくわしい説明

    ②その宅地等が被相続人や、被相続人と生計を一にしていた親族の事業のため、または居住のために利用されていたもので、建物や構築物の敷地であること ■具体的な減額割合〇グループ1:80%減額・特定事業用宅地等である小規模宅地等(400㎡以下である必要がある) 後述の貸付事業を除く事業のために使用されていた宅地をいいます...

  • 配偶者居住権を利用した相続税の節税方法

    そして、その不動産の評価額の一部分が「配偶者居住権」として、配偶者がその不動産に住むことができる「権利」として、相続されます。そのため、この段階で不動産の評価額から居住権として産出された評価額を引くことが可能になりますので、そもそもの不動産評価額を抑えることが可能になります。そして、その配偶者居住権は配偶者がお亡...

  • 土地の評価額の計算方法

    不動産を相続する際、土地の評価額を計算するには、まずは固定資産税評価額を調べる必要があります。以下に、固定資産税評価額の調べ方についてご紹介します。 ■固定資産税評価額の調べ方・固定資産税の課税明細書で確認する固定資産税課税証明書は、税課や税事務所など各種窓口に申請を行い、名寄帳証明書を取得することで同じ内容のも...

渡邉優税理士事務所が提供する基礎知識

  • 配偶者居住権を利用し...

    配偶者居住権を活用することによって、相続税の節税をすることができるようになりました。特に配偶者居住権を利用して...

  • 不動産や株式を贈与す...

    不動産も株式を対象とする場合でも、贈与者と受贈者との間で合意があれば、贈与契約は成立するので、贈与すること自体...

  • 生前贈与と贈与税

    生前贈与をした場合には、生前贈与により移転した財産は相続財産とはいうことはできないため、相続税の対象とはなりま...

  • 不動産相続でお困りの...

    不動産相続の業界にはさまざまな専門家・業者が存在しています。 例えば、相続の相談に行った不動産会社が...

  • 不動産売却をお考えの...

    不動産を売却する場合には動く金額も大きく各種税金の支払いが必要になる場合もあります。そのため手続きにミスがあっ...

  • 不動産を売却した時に...

    不動産を売却した際に利益が出ればその額に対して税金がかかることになります。主な税金として所得税や住民税といった...

  • 相続放棄のメリット・...

    ■相続放棄とは被相続人が亡くなると、その被相続人に帰属している財産は、直ちに相続人に帰属します(民法896条)...

  • 贈与税の特例制度の利...

    生前贈与については、贈与税に関して、相続時精算課税制度というものがあります。これは、生前贈与を容易にして、次世...

  • 不動産売却の確定申告...

    不動産売却を行った場合購入にかかった費用などの取得費用を売却時の譲渡額が上回った場合それは利益として扱われます...

  • 小規模宅地等の特例の...

    ■小規模宅地等の特例の制度相続又は遺贈によって取得した財産のうち、・被相続人の事業のために使われていた宅地等・...

よく検索されるキーワード

税理士紹介

まずは、あなたのを聴かせてください。

代表税理士 渡邉 優
代表税理士
渡邉 優(わたなべ ゆう)
事務所紹介

ホームページをご覧いただき有り難うございます。

当事務所は2015年7月に開業した税理士事務所です。開業当初より不動産事業者での経験を活かし、多くの不動産や相続に関わる税務支援をさせて頂いております。

お客様ひとりひとりのお困りごとに丁寧に耳を傾け、何を大切に思い、何を不安に感じているのかを理解することに心がけております。

弁護士・司法書士・不動産鑑定士とも提携しておりますので、税務のご相談に限らずワンストップで対応させて頂きます。
相続法改正による配偶者居住権・遺留分制度の活かし方についても適切なアドバイスをさせて頂きます。

出張相談等も行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

略歴
  • 1981年生まれ 愛知県出身
  • 慶應義塾大学理工学部卒業後、不動産会社に就職
  • 5年の実務を経て、税理士業界へ転身
  • 2014年 税理士試験合格
  • 2015年 税理士登録・渡邉優税理士事務所開業

事務所概要

名称 渡邉優税理士事務所
代表者名 渡邉 優(わたなべ ゆう)
所在地 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-11 HK平河町2F
アクセス 東京メトロ 有楽町線/半蔵門線/南北線「永田町駅」4番出口 徒歩4分
電話番号/FAX番号 TEL:03-5357-1539 FAX:03-6369-3448
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。
  • 事務所内の様子
  • 事務所内の様子

ページトップへ