タワーマンション 相続 / 不動産と相続の税金相談.com│渡邉優税理士事務所

不動産と相続の税金相談.com│渡邉優税理士事務所 > 不動産相続に関するキーワード > タワーマンション 相続

タワーマンション 相続

  • 不動産相続で必要な手続きと費用

    不動産を相続する際に必要な手続きの中でも代表的なものが登記です。登記というのは法務局に保管されている登記簿へ、この場合だと所有者が誰かということを記録し、第三者から識別できるような状態に置くことで取引に安全に入りやすくするためのものです。そのため、現実の権利関係に登記を合致させるというのは大切の意味を持つというの...

  • 不動産を相続した時にかかる相続税の計算方法

    不動産を相続した際にかかる税額を計算するには、まず第一に不動産の評価額を算出する必要があります。 土地の評価額は、路線価方式または倍率方式を用いて算出された額のおおよそ8割程度が評価額となるケースが多いです。どちらが用いられるかは、その土地が路線価が定められているか否かで変わってきます。路線価とは国税庁が土地の相...

  • 不動産を相続した時の節税対策とは

    相続税対策において、不動産を利用した節税方法には複数の選択肢があります。 ①配偶者へ居住用の住居を贈与する方法婚姻期間が20年以上経過している場合、配偶者から居住用財産を贈与されたときに「贈与税の配偶者控除」が認められます。具体的には、配偶者が居住用財産の贈与を受けたときや、居住用財産を取得するための財産の贈与を...

  • 相続登記の期限

    相続登記に期限はありません(2019年8月時点)。登記には、土地の権利を見ず知らずの第三者にも主張できる効果や、土地の権利を公に認めてもらう効果などがありますが、2019年現在の法律では登記はいつでも行っていいことになっています。 しかし、登記に期限がない現在でも、相続登記を原因としたトラブルが多発していることか...

  • 次代に安心できる不動産相続を考える

    相続は次世代に財産のバトンを渡す手続きですが、その一方でトラブルの火種ともなりやすい手続きです。そのため、次代が安心して相続を受けるには、財産を遺す側が事前に万全の準備をしておく必要があります。 財産を遺す側ができる対策としては、以下のようなものがあります。 ①相続税対策引き継ぐ財産が多くても、税金で取られてしま...

  • 不動産相続でお困りの方は渡邉優税理士事務所にご相談ください

    不動産相続の業界にはさまざまな専門家・業者が存在しています。 例えば、相続の相談に行った不動産会社が、自社の得意な提案でアパートやマンションを勧めてくるのはよくあることです。中には優れた提案もありますが、不動産の売買や管理に慣れていない方から見れば、すべて同じような提案に見えても仕方ないでしょう。しかし、かといっ...

  • 生前贈与と贈与税

    生前贈与をした場合には、生前贈与により移転した財産は相続財産とはいうことはできないため、相続税の対象とはなりません。もっとも、生前贈与により容易に相続税を回避することができるとするのは妥当ではないという歴史的ないしは沿革的な理由から、贈与税というものが作られました。したがって、生前贈与は、贈与税の対象になります。...

  • 不動産や株式を贈与するには?

    しかし、税金対策という観点では、生前贈与すべきか、相続すべきかという問題があります。不動産も株式も、価値が上下するものであるため、どの時点で財産を移転させるかにより、税額も異なるため、いつ、どのようにして財産を移転させるかには注意が必要です。例えば、不動産や株式の価値が上昇傾向にあるならば、出来るだけ早めに贈与す...

  • 贈与税の特例制度の利用する

    生前贈与については、贈与税に関して、相続時精算課税制度というものがあります。これは、生前贈与を容易にして、次世代への資産の移転を促進するために創設された制度であり、生前贈与について、受贈者の選択により、通常の贈与税制度に代えて、贈与時に贈与財産に低い税率で贈与税を課しておき、その後の相続時にその贈与財産と相続財産...

  • 遺言書

    相続分については、被相続人の意思を尊重するという観点から、原則として、被相続人の意思によることとされており、これにより定められた相続分を指定相続分といいます。これは遺言によりされなければならないこととされています(民法902条1項)。 遺言は、遺言の効力発生後に本人の真意を確認することはできず、また、他人による改...

  • 家族信託という選択肢

    家族信託の特徴としては、あくまでもこれにより利益を受けるのは委託者ということになるため、贈与税が課せられず、委託者が死亡した場合に相続税が課せられるという点にあります。したがって、受託者が、贈与によらずに財産を自由に管理・処分できるということになります。贈与税より相続税の方が税額が少なくてすみそうな場合には有用で...

  • 相続税申告の全体の流れ

    相続税の申告は、納税者が相続税法の定めに従って納税申告書を提出することをいい(相続税法27条)、納付すべき税額を確定する効果を持つものです。相続税申告の流れとしては、納税申告書を、記載すべき事項を記載した上で申告期限内に提出するというようになっています。 まず、相続税の納税申告書の提出先は、国税の納税地を所轄する...

  • 相続税の期限

    親族の方が死亡し、相続が開始すると、遺産分割協議など、行わなければならないことは多くあります。その中でも、行わなければならないことの一つとして、相続税の納税申告というものがあります。相続税の納税申告には、相続税法で定められた申告期限があり、この期限内に納税申告をすることを怠ると、延滞税や無申告加算税という附帯税を...

  • 相続税申告の対象になる財産とならない財産とは

    相続財産とは、相続または遺贈によって取得した財産のことをいい、これが相続税の課税対象となります。この相続財産には、財産権の対象となる一切の物および権利が含まれます。そのため、動産や不動産は当然のことながら、特許権や著作権などの無体財産権、鉱業権や漁業権などの営業上の権利、私法上や公法上の各種の債権などのような、経...

  • 配偶者居住権とは

    配偶者居住権は、平成30年7月13日公布の、相続法改正により創設されたものです。改正の理由は、高齢化の進展などの、社会経済情勢の変化にあるとされています。 配偶者居住権とは、配偶者が相続開始の時に居住していた被相続人の財産に属した建物について、配偶者の居住権を保護するため、原則として終身、配偶者がその建物を無償で...

  • 自分で相続税申告はできる?

    相続税申告は、自分で行うことも可能です。しかし、親族の方が死亡し、相続が開始すると、遺産分割協議など、行わなければならないことは多くあります。相続税の納税申告には、相続税法で定められた申告期限があり、この期限内に納税申告をすることを怠ると、延滞税や無申告加算税という附帯税を納めなければならないことになります。 

渡邉優税理士事務所が提供する基礎知識

  • 不動産相続でお困りの...

    不動産相続の業界にはさまざまな専門家・業者が存在しています。 例えば、相続の相談に行った不動産会社が...

  • 自分で相続税申告はで...

    相続税申告は、自分で行うことも可能です。しかし、親族の方が死亡し、相続が開始すると、遺産分割協議など、行わなけ...

  • 贈与税の特例制度の利...

    生前贈与については、贈与税に関して、相続時精算課税制度というものがあります。これは、生前贈与を容易にして、次世...

  • 不動産を相続した時に...

    不動産を相続した際にかかる税額を計算するには、まず第一に不動産の評価額を算出する必要があります。 土...

  • 不動産売却におけるワ...

    不動産の売却を行う際には税理士や司法書士、不動産鑑定士といった専門家による支援を受けることが一般的です。不動産...

  • 生前贈与と贈与税

    生前贈与をした場合には、生前贈与により移転した財産は相続財産とはいうことはできないため、相続税の対象とはなりま...

  • 文京区の不動産相続は...

    不動産を相続する場合には、不動産はかなり評価額が高価なものになりますので、その分、相続税も高く課税される場合が...

  • 相続税の期限

    親族の方が死亡し、相続が開始すると、遺産分割協議など、行わなければならないことは多くあります。その中でも、行わ...

  • 不動産売却をお考えの...

    不動産を売却する場合には動く金額も大きく各種税金の支払いが必要になる場合もあります。そのため手続きにミスがあっ...

  • 配偶者居住権とは

    配偶者居住権は、平成30年7月13日公布の、相続法改正により創設されたものです。改正の理由は、高齢化の進展など...

よく検索されるキーワード

税理士紹介

まずは、あなたのを聴かせてください。

代表税理士 渡邉 優
代表税理士
渡邉 優(わたなべ ゆう)
事務所紹介

ホームページをご覧いただき有り難うございます。

当事務所は2015年7月に開業した税理士事務所です。開業当初より不動産事業者での経験を活かし、多くの不動産や相続に関わる税務支援をさせて頂いております。

お客様ひとりひとりのお困りごとに丁寧に耳を傾け、何を大切に思い、何を不安に感じているのかを理解することに心がけております。

弁護士・司法書士・不動産鑑定士とも提携しておりますので、税務のご相談に限らずワンストップで対応させて頂きます。
相続法改正による配偶者居住権・遺留分制度の活かし方についても適切なアドバイスをさせて頂きます。

出張相談等も行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

略歴
  • 1981年生まれ 愛知県出身
  • 慶應義塾大学理工学部卒業後、不動産会社に就職
  • 5年の実務を経て、税理士業界へ転身
  • 2014年 税理士試験合格
  • 2015年 税理士登録・渡邉優税理士事務所開業

事務所概要

名称 渡邉優税理士事務所
代表者名 渡邉 優(わたなべ ゆう)
所在地 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-14-11 HK平河町2F
アクセス 東京メトロ 有楽町線/半蔵門線/南北線「永田町駅」4番出口 徒歩4分
電話番号/FAX番号 TEL:03-5357-1539 FAX:03-6369-3448
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。
  • 事務所内の様子
  • 事務所内の様子

ページトップへ